洗濯乾燥機は、乾燥までフル活用すると電気代がかかってしまいます。そこで今回は、洗濯乾燥機の節電方法について紹介しますね。

出来るだけ洗濯物はまとめて洗いうと良いですね。定格容量以下なら、一度に洗濯する量が多い程、電気、水の節約になりますよ。何故ならば、洗濯1回で使用する電力と言うものは、衣類の量との関係は殆どないからですね。それで注意してくださいね。もし、余裕があると言う人は、ハンカチ、Tシャツ、靴下などは洗濯板を使います。それで、手洗いすると良いですね。(笑顔)。

"スピードコース"を利用します。それで、節電&節水してくださいね。電気の消費量は、「標準コース」と比較した場合、「スピードコース」は半分以下と言うことでした。スピードコースで洗濯した時の電気代については、標準コースの約40%で洗濯することが出来ます。また、洗濯スピードも速いので、節水にも繋がります。逆にそれほど汚れのない場合は、スピードコースを利用してくださいね。

洗濯物を洗濯機に入れ過ぎてはいけませんよ。それで、消費電力は多くなってしまいますよ。

フィルターのお手入れはこまめに行ってください。フィルターが詰まると乾燥時間が必要以上に長くなります。また、フィルターを掃除したあとは、セットが確実に出来ているか確認しましょう。

自然乾燥も併用して利用してください。当然ですが、自然乾燥は電気代がいりませんよ。自然乾燥が完全に出来ない場合でも、出来るだけ自然乾燥をしてください。それで、乾燥運転は仕上げに使用するなど、併用を心がけましょう。それで省エネに繋がります。