フリーランスでも作れるクレジットカードのメリットとデメリット

手持ちの現金が乏しい時などに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。

例えば、物を購入した際の支払時に現金の持ち合わせが足りないこともあると思います。

そんな時に、この1枚で支払いを済ませれば商品を戻すことなく手に入れることが出来ます。

また、この1枚は支払に使う他キャッシング機能がついているので緊急に現金が必要な時はこれを利用してコンビニや銀行のATMより必要な分を引き出すことが出来ます。

現金をあまり持ち合わせてない時持っていると便利なのがクレジットカードです。

クレジットカードを申し込める会社は沢山ありますのでどこの会社の物を発行しようか決めるのが難しい人もいらっしゃるでしょう。

例えば、決断しずらい時はカードを見比べてみると良いです。

クレジットカードの比較はネットからクレジットカード比較サイトなどが参考になります。

飲み会や打ち上げ会の支払でもクレジットカードを使うと手軽に精算ができるため、レジで手間取ることがなくなります。

利用による手数料で運営会社は利益を得ていますがこの料金は利用者と加盟店の両方から集金するシステムになっています。

店舗側が支払う加盟料は営業内容によって異なり家電量販店やコンビニなどは一番低く1%から1.5%に設定されています。

3回以上のショッピングローンにすると利用者も支払わなければなりませんので金利が加算されて指定口座から自動引き落としされます。

運営会社は1回や2回の支払回数については利用者への料金を発生させていないので店側が加盟料の支払を求めてきても応じてはいけません。

ショッピングの支払いの時に1枚あると便利なカードがクレジットカードです。

クレジットカードで支払いをすればわざわざ現金を取りだす必要がありません。

クレジットカードを作れる会社は色々ありますが通常、カードを使用すればするだけポイントが貯まっていきます。

ポイントをどう使用するかは色々ですが月額の支払いにポイントを当てたりいっぱい貯めて豪華賞品と交換すると言った事も出来ます。

財布に入っていると重宝するクレジットカード。

一般的にカードを使用するのは会計時ですがそれ以外にキャッシング機能がついています。

キャッシング機能とは?一例をあげると、急にお金が必要になった時に提携しているATMよりカードを使用してお金を下ろす事が出来ます。

ただ、キャッシングを利用した場合、返済が必要です。

返済時には利息もつくのでクレジットカードを作成する時は利息の事も考えて作ると良いでしょう。

不景気を抜け出すのはまだ先の事なので毎日工夫しながら節約する事は大事ですね。

日々の節約にお勧めなのが、現金が乏しいときでも買い物できる1枚です。

支払いの時に使うとポイントが貯まっていきます。

付いたポイントは商品券・その他の商品と交換する事が出来ます。

効率良くポイントを貯める為にはポイント返しの率が良いもの使用してすべての支払いを済ませるのが一番貯まる方法です。

日常生活の中でクレジットカードは欠かせないものになりましたが、大半は国際ブランドのマークが印刷されています。

有名なところでは、VISA、MasterCard、JCB、DinersClib、AMEXがあり、これがあれば、海外旅行や出張でも多額の現金は不要なので安心です。

三井住友は日本で最初にVISAと提携した企業であり知名度が高く信頼性も抜群だと思います。

MasterCardはVISAと双璧をなす企業で消費者金融にライセンスを提供していることでも知られています。

国内の飲食店などでは特に威力を発揮するJCBですが渡航先によっては使えない事がありますので注意して下さい。

クラッシックカードに比べるとゴールドは高い地位にあり一般会員よりも手厚い待遇が受けられます。

日本で発行されている大半は年会費が高額で審査が厳しかったですが最近では、プラチナカードなどの登場で基準が緩和されてきました。

この会員が受けることのできる特典としては空港のラウンジサービス、専用デスクの利用などがあります。

年会費がかからなくなるものもありますが、この場合、企業側が規定の利用条件を満たした一般会員のみを選出して勧誘するシステムなので、自発的に申し込んでも受け付けてもらえません。

更に一定の利用金額で年会費が無料になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクダイナーズクラブカードでは年間30万円の決済で適用されます。

多くのクレジットカードには会員保障と言う制度があり拾得物を届けずに他人に悪用されて受けた場合の損害に対して、発行会社が負担してくれます。

紛失や盗難などで手元にないことがわかったら、直ちに警察へ連絡して急いで発行元に連絡を入れなければなりません。

60日前までさかのぼって、不正利用について補償してくれますが、名義人に重大な過失がある場合は適用されません。

インターネットでの決済の場合は番号、有効期限、名前を入力するだけでよく他のセキュリティはありませんから簡単に悪用されてしまいますので注意してください。

パソコンやスマホのネットセキュリティを強化しておき毎月の利用明細を確認していればわかるので、きちんとチェックすることが大切です。

映画もキャッシュレスで見られるので現金を持ち歩く必要がなくなるカードがありますね。

利用した金額によってポイントが貯まったりイベント開催時には数倍になることもあります。

使い方は簡単!支払いの際に提示してサインするだけですが他人の物を使うと裏面にサインされた筆跡でバレてしまいます。

1ヶ月分の買い物で立て替えられた利用代金は入会契約時に指定された決済日に自動引き落としされます。

支払回数を変更したい場合は「後からリボ」や「ローン」に変更する事もできます。

クレジットカードはショッピングや食事の際に現金を使わずに精算ができます。

盤面に埋め込まれたICチップやバーコードで運営会社を始め提携ブランドや所有者を確認する仕組みになっています。

ユーザーが利用することで売り上げになりますが3回以上のショッピングローンでなければ金利手数料は発生しません。

利用者からの売り上げが得られない場合は運営会社に収益は1円もないのでしょうか。

実は飲食店や商店などの加盟店からも手数料を集めているので1回払いでも、ちゃんと収益はあるのです。

現金がとぼしくても買い物できるものはいざという時にあると便利です。

買い物の支払いを済ませることが出来る機能の他ATMから現金を引き出すことができる機能があるので現金が必要な時にも素早く対応できます。

これを発行する方法は数多くありますが、一番簡単な方法はインターネットから申し込みをする事です。

インターネットからの申し込みは現在主流になっています。

インターネット以外の方法ですと作った会社から貰う書類に必要な事柄を記入し送り返すという方法もあります。

クレジットカードはポイントが貯まるだけではなくそれ以外にも様々なメリットがあります。

イオンやOMCなどの流通系のものは毎月、「感謝デー」と称して系列店での買い物が5%オフになるなどのサービスがあります。

JCB、AmericanExpressなどの国際ブランドでは国内の飲食店や宿泊施設の料金面などで優待が受けられます。

発行元が運営する特典としてレクリエーション面では、国内外の各種ツアーや介護付きツアーを割引料金で利用することがあります。

又、美容や健康面に力を入れているカードもあり人間ドック、脳ドックなどのサービスを受けられるものもあります。

接触型や非接触型などヴァリエーションが多い電子マネーですが過激なポイント攻勢やスーパーセールでお馴染みの楽天のEdyもそれにあたります。

チャージという方法で現金を預けておいて金額の範囲内で買い物ができるサービスです。

支払い方法はかざすだけなので時間が無くて急いでいる時でも慌てなくて済みますね。

まとめて後から請求が来るキャッシュいらずのカードは調子に乗って買い物してしまうと大変ですがこのシステムは先に入金を済ませているので安心です。

その上、借り入れではないため信用審査が不要ですから誰でも利用できるのが最大のメリットですね。

キャッシュレスでも買い物できる1枚、その支払い方法には様々な支払方法があります。

リボ払いで支払う方法は分割で支払う方法と違っていて月々決められた金額をその会社に支払う方法です。

支払い額が一定にできるので金銭管理をしやすく出来るのが特徴です。

が、この支払方法は手数料も取られますので簡単に選ぶ事は避けた方が良いです。

あると重宝する物ですが、支払いは計画的に行いましょう。

引用:フリーランスでも作れるクレジットカードは?審査でおすすめ【勤務先は?】