FXは為替レートの変動で変わってきます

為替レートがどのように変動するかで、FX取引の帰趨は決まります。
為替レートとは、ある国ともう一つの国の貨幣を取引する時の比率です。
国家間の経済的な関係や社会情勢などによって、為替レートは変わります。
FX取引を行う時には、為替レートが今後どのように変わっていくかを予想し、得をするように取引をしなければなりません。
FXは相対取引と言われる取引形態をとっており、為替レートや数量が一定条件を満たした時に成立しています。
FXの相対取引は、世界各国のマーケットで常に行われています。
二国間の通貨が為替レートなので、通貨の組み合わせの数だけレートがあります。
為替の相場には決まったものはなく、経済情勢などで常に変動しています。
その通貨に対する需要と、国から発行する通貨の供給量などに応じて相場は決まることから、状況に大きく左右されます。
今保有しているユーロを日本円に替えたいので、多少は交換比率が不利でも早く取引をしたいという人もいるでしょう。
その逆に、ユーロが欲しいけれど、レートが下がるまで腰を据えて待つつもりがあるという方もいます。
為替レートはFXでは非常に重要な意味合いがありますが、実際の売買ではそのレートとは限らないようです。