会社で借り入れがある場合の経営者住宅ローン審査は?

経営者住宅ローンを利用する際には、たとえ収入が会社員や公務員の方々よりも多かったとしても審査に通過しなかったというケースも決して珍しいことではないのです。
経営者住宅ローンは、申込者の収入に対してだけではなく、会社の経営を含めた審査がおこなわれますので、会社の状況もとても重要なポイントとなります。
もし、会社としての借り入れをしているという場合には、経営者の方の個人的な借り入れではなくても借金の残債があるとして判断されることになります。
今現在の借金の状況というのも住宅ローンの審査では厳しくチェックされますので、会社の借り入れについてもきちんと把握しておく必要があると言えます。
また、借入金額だけではなく、きちんと滞り無く返済しているかどうかということも大切です。
住宅ローン審査に配偶者の借金で落ちる?【妻のローンの基準厳しい?】